dvd

HOME > DVD・CD・書籍 > 調停制度の上手な活用方法・遺産分割と遺留分調停の申告手続きの違い

前のページに戻る

DVD 「調停制度の上手な活用方法・遺産分割と遺留分調停の申告手続きの違い」 海老原玲子氏

ebihara1.jpg勉強会参加者の声
遺産分割調停について、調停不成立となった場合の訴訟や審判のリスクと比較しながら、 税法的な利害得失も踏まえ、 とても分かり易く明快に解説がなされていました」

「遺産分割調停の実際の進め方について、 相続人の範囲の確定、遺産分割「調停」と「審判」で扱える財産、 調停における各財産の遺産評価のツボ、特別受益と寄与分が調停で認められる相場、 特に換価分割と代償分割と共有のままの分割について、 調停・審判・税額の利害得失等を明快に、 間違えやすい落とし穴をたくさんご教示頂きました」

「相続人、相続財産、相続債務について、民法と相続税法の違いを明瞭に解説して頂いた上、 相続が揉めて遺産分割や遺留分減殺の解決に長期間を要した場合の税法上必須の手続、 大変勉強になりました。知らなければ大変なことになるところでした」

「制度があるのは知っていましたが、接する機会がなかったので、とても勉強になりました」

「調停委員の役割、内容が理解できました。事例は意外性、複雑さを感じました」

「感情から勘定へ、なるほど!」

「なかなか聞く機会がない内容で、とても参考になりました」

「相続を中心に事例をご教示いただき、訴えればかえってリスクがあるケースをたくさん教えていただき、とても参考になりました

遺産分割と遺留分調停は、手続きから申告まで異なります。

調停制度は、あまり良い印象を持たない方もいらっしゃいますが、上手な活用法があります。

資料44ページです。

内 容

調停制度の仕組み

調停成立と不成立、申し立ての取り下げ、調停をしない措置、当然終了、調停に代わる審判という終了形態

遺産分割調停・遺留分調停制度と民法と税法の違い及び解決時の申告

第二事件で調停不成立の場合 遺産分割事件では、不成立になったら、審判に移行する

遺留分減殺請求は、審判にならないので訴訟となる

遺産分割の実状

事件の複雑・困難性

争族の原因

相続人1人が財産を独占する

財産を隠し、全体を明かさない

遺産分割の協議に応じない相続人がいる

相続人間の感情的対立が激しく、協議ができない

遺産分割処理結果で成立は、約6割

遺産分割の期間と回数

申し立て費用

遺産分割調停が行われた相続財産の金額は、5千万円が70%以上を占める

行方不明の人がいる場合

判断能力に問題がある方がいる場合

相続人の中に未成年がいる場合

合意があれば、遺産分割調停・審判の対象にできる財産と対象外の財産

生前に贈与された財産や生命保険金は取り扱えない

遺産の評価

時価が原則

合意できない場合は、鑑定が必要

不動産以外の遺産の評価

遺留分調停の進め方

遺留分減殺請求権行使の確認

遺留分の算定

遺留分侵害額の算定

遺留分減殺の対象・順序・効果

現物返還又は価額弁償

民法と相続税法の違い

法定相続人の違い

民法上の相続財産と相続税法上の相続財産

相続債務と相続税法等との関連

遺留分計算と相続税計算の違い

相続税申告の手続き

未分割の場合の申告等

遺産分割協議が整った場合の手続き

遺留分減殺請求がされている場合の申告等

遺留分減殺請求が解決した際の申告手続き

不動産所得の所得税の取扱

データ

調停制度の上手な活用方法・遺産分割と遺留分調停の申告手続きの違い
講 師 海老原玲子氏 (税理士)
構 成 勉強会欠席者用DVD (収録 約2時間10分 オフレコは削除 30分ほどオフレコがございます)
費 用 「法律・税金・経営を学ぶ会」会員 12,000円+税(送料・資料代込)
一般 25,000円+税(送料・資料代込)
DVD会員 月2本無料
会員は毎月27日に口座振替にて、一般の方には振込先をご連絡します。
TEL:03-6862-3054
2016年11月11日 の勉強会を収録したものです。

DVD・CD・書籍のお申込み

DVD 「調停制度の上手な活用方法・遺産分割と遺留分調停の申告手続きの違い」 海老原玲子氏

(必) 選択 申し込む
(必) お名前
会員種別 法律・税金・経営を学ぶ会「会員」  一般
事業所名(お持ちの方)
(必) メールアドレス
(必) メールアドレス(確認)
(必) 電話番号 - -
(必) 住所 - (半角数字)
その他
(必) は必須項目です。
 

DVD・CD・書籍 ラインナップ

DVD
「消費税・広大地・自社株評価・株価改正による実務への影響」

講師:白井一馬氏 (税理士)
消費税、広大地、自社株評価、株価改正による実務への影響を幅広く解説いたします。 非常に難解な改正ですが、きちんと頭に入れておかないと、間違えた申告になる可能性があります。この機会に、正しく理解してください。

DVD
「広大地評価の廃止は株価にも影響を及ぼし増税となる ハイレベル編」

講師:國武久幸氏 (税理士・不動産鑑定士・元国税調査官)
特定業種は、大幅な増税となり、一部の土地は減税となる広大地評価の改正。 何がどう変わるのか?正しくご理解ください。

会員限定欠席者資料
「判断に迷う株の評価と改正内容」

講師:柴田健次氏 (税理士)
判断に迷う非上場株式の評価と間違えやすいポイント、改正内容を解説いたしました。改正内容を再確認ください。

DVD
「小規模宅地等特例 超ハイレベル編」

講師:髙橋安志氏 (税理士)
小規模宅地特例の超ハイレベル編を解説します。小規模宅地は、特例ですので、遺産分割が申告期限までにまとまらない、本来使えたはずなのに、特例を使わなかった、となりますと、損害賠償にもなりかねません。しっかり、お客様に理解していただき、特例を活用してください。

DVD
「これだけ変わる広大地評価改正による影響」

講師:風岡範哉氏 (税理士)
平成30年から改正される広大地評価について、改正による影響を解説いたしました。お客さまにアドバイスされる前に、ご確認ください。

もっと見る

ご登録いただいた方に、メールによる勉強会の情報をお知らせいたします

メルマガを登録する

専門家のご紹介(50音順)

※掲載希望の方のみ