dvd

HOME > DVD・CD・書籍 > 不動産の売却にかかる譲渡所得の税金 完全網羅

前のページに戻る

会員限定DVD&書籍 「不動産の売却にかかる譲渡所得の税金 完全網羅」 武田秀和氏

DSC05245.JPG

難しい譲渡所得を幅広く丁寧に解説してくださいました。選択ミスにより、使える特例を使わなかったことによる損失など、お気をつけください。

申告までお役に立てる内容です。

勉強会参加者の声

takeda2.JPG

「ポイントが明確で、わかりやすかったです」

「判断に迷う難しい部分が、わかりやすく解説してくださったので理解できました」

「譲渡の勉強会では、一番内容の濃い勉強会でした」

DSC05260.JPG

「難しい譲渡を、間違えやすいポイントを重点に話してくださったので、良かった」

資料は、435ページです。 
内 容

譲渡所得は、意外と基本的なことで間違える

土地と建物を一括購入している場合の取得費

確定申告をする時にどのような資料が必要か?

適用できる特例が複数あるにもかかわらず、選択を検討しなかった不利益

贈与は、所得税法から無償の譲渡にあたる

分離課税の計算、分離譲渡所得の損益の相殺、総合課税と損益通算できない

資産の取得の日、高額な資産の場合、契約の効力の発生日を選択できる

交換・買換えによって取得した財産

固定資産の交換の特例

時価、交換の際に合意すれば良いが、親族間は別

特例の要件

譲渡担保、金融のために資産を移転。今課税できなかったものは後に課税する

ローンがある場合と無い場合

居住用家屋に該当しないもの

収益補償金

収用交換、買取り等の申し出の日

複数回にわたって譲渡した場合

相続税の納税資金として不動産を売却した場合

税理士、不動産業界人、大家さんは絶対必聴な内容 
居住用不動産、賃貸不動産を手放す場合に使える特例 
譲渡所得に関する基本、特例及び確定申告手続きまでを完全網羅 
土地建物譲渡の現状 
譲渡所得の基本 
所得税法の特例等 
土地等の譲渡の特例等 
居住用財産の譲渡で使える特例 
事業用資産の譲渡で使える特例 
収用された場合に使える特例 
そのほか最新事例や誤りやすい事例 
税務調査で指摘が多い点
DVDお申込後は、DVDの制作をいたしますので、キャンセルができませんので、ご了承の上、お申込みください。

講師のその他の講演
6/12「誤解が多い贈与税」

DVD&書籍「相続税調査でここが指摘される土地評価実務」

DVD貸宅地、借地権、不合理分割 土地評価の実務

DVD元国税調査官が教える!贈与税と名義預金と相続税の関係性 贈与税の申告をしただけでは相続税対策にならない

※CPEは3時間自己申請をお願い申し上げます。

データ

不動産の売却にかかる譲渡所得の税金 完全網羅
講 師 武田秀和氏 (税理士)
構 成 勉強会欠席者用DVD (収録 約3時間) 全資料435ページ
費 用 「法律・税金・経営を学ぶ会」会員限定 25,000円+税(送料・資料代込)
DVD会員 資料代送料5,300円
相続オールマスター講座12期生5,000円+税 一般の方は入会と同時にプレゼント致します。
会員は毎月27日に口座振替にて、一般の方には振込先をご連絡します。
2018年9月7日 の勉強会を収録したものです。

DVD・CD・書籍のお申込み

会員限定DVD&書籍 「不動産の売却にかかる譲渡所得の税金 完全網羅」 武田秀和氏

(必) 選択 申し込む
(必) お名前
会員種別 法律・税金・経営を学ぶ会「会員」  一般
事業所名(お持ちの方)
(必) メールアドレス
(必) メールアドレス(確認)
(必) 電話番号 - -
(必) 住所 - (半角数字)
その他
(必) は必須項目です。
 

DVD・CD・書籍 ラインナップ

DVD&ExcelデータCD
「絶対に失敗は許されない究極の消費税還付申告」

講師:田中美光氏 (税理士)
究極の消費税還付申告、絶対に失敗は許されません。

DVD
「災害発生前後の相続・贈与と土砂災害警戒区域内の評価」

講師:武田秀和氏 (税理士)
災害発生前後の相続と贈与の評価方法、土砂災害警戒区域内の評価、意外にも、全国に多く、自分で調べる必要があります。税務署は教えてくれません。2割、3割と大きく減額できます。

DVD
「契約書が大事!税理士損害賠償請求 事故原因と解決方法」

講師:永吉啓一郎氏 (弁護士)
契約書に入れておくべき文章、など、リスク対策が非常に重要です。ぜひ、ご確認ください。

会員限定欠席者資料
「都市近郊農家の相続における土地評価上の留意点」

講師:宮田泰夫氏 (税理士)
農家特有の土地評価を公開いたしました。市街地農地、市街地周辺農地、中間農地、純農地にわけて解説しました。

「2020年書籍 執筆者・出版協力者募集のお知らせ」
2020年書籍執筆者募集のお知らせです。ぜひこの機会に挑戦ください。監修者の指導のもと最新の税法と民法で完成いたします。

もっと見る

専門家のご紹介(50音順)

※掲載希望の方のみ