dvd

HOME > DVD・CD・書籍 > 評価は税理士の仕事!相続税申告から税務調査にも対応できる税理士のための現地調査の仕方 相続税調査がなぜ入ったのか?6事例解説

前のページに戻る

DVD 「評価は税理士の仕事!相続税申告から税務調査にも対応できる税理士のための現地調査の仕方 相続税調査がなぜ入ったのか?6事例解説」 東北篤氏

DSC06108.JPG

<勉強会参加者の声>
「東北先生のお話は、他では聞けない内容で実務にとても役に立ちます」
「現地に行って、どの点を見るべきか、役所調査の仕方もよくわかりました」

「いつもわかりやすく、楽しい話し方で、ためになりました。」

DSC06117.JPG

「実地調査やそれに必要な道具の紹介等が実に参考になりました。調査資料の紹介もためになります」
「各地で異なる窓口の名前や、道路の事情が異なること、評価方法も異なることがわかりました。参加してよかったです」

DSC06100.JPG

相続税は、評価に始まって評価に終わります。評価さえできれば、あとは預金や有価証券を納税者の言うとおりに申告すれば 申告書は書けます。ですから評価は重要です。
東京都内は、地積測量図が基本ありません。したがって都内で現地調査をやらずに評価すると大変危険です。税理士の賠償責任を問われます。間口等の土地の形状が分からないのに評価するわけですからとんでもない話です。評価に活用すべき各種資料についてお話できればと考えます。法務局にある資料は正しいと思っている方が多いです。
評価するうえで道路は極めて重要です。
しかし、評価通達には道路の種類を書いておらず、書いていないのに道路の種類に応じた評価をしなければならないことになっています。
評価は、税理士の責任であり、その技量に依存してしまいますが、技量のある方が多くありません。
技量を身に着けたくても評価に精通した人がいないのです。
評価は、税法の世界ではなく、国土交通省が所掌する都市計画法や道路法等の世界で行いますので一般の税理士が知っているはずのないことなのです。

東京の先生がお話にならないような、現場の実務のお話を公開しました。

相続税に精通しない税理士が相続税申告書を作成したケースなど、ご確認ください。

資料は120ページです。

内 容
現地を見ずに評価したら税務調査で一発アウト
各地で道路やセットバック、評価方法、窓口の名称は異なる
東京の税務調査は不動産の評価誤りが大半
これだけ添付すれば調査に来ない添付資料の種類
役所調査の必要性
評価に必要な道路の知識
現地における物件調査の作業スケジュール
現地における物件調査の機器等
評価対象不動産の間口、奥行等の形状の調査
道路幅員等との境界確認
写真撮影の仕方
相続等において、申告を要する面積
間口距離の求め方
不整形地の奥行の求め方
屈折路に面する宅地の間口距離、奥行距離の求め方
地形図から傾斜度を求める方法
地積測量図がない場合
地積測量図等がある場合
地積測量図がなく、境界の判定が困難な場合
相続税調査への対応策としてするべきこと
一見さんの顧客から申告書の作成依頼があった場合

1 相続開始後は土地評価を適正に行うことに専念
相続が開始してから土地評価への対応策を講じるのは遅い
評価を安くする相続税対策は生前に行うこと
相続開始後は、しっかりとした適正評価を行う
適正評価をしないと税理士の賠償責任問題
税理士にとって、評価はウィークポイント
評価に影響が大きい道路法、建築基準法、都市計画法等の道路をしっかりと押さえて評価
大都市の評価を適正に行うことが重要
道路の測り方は行政庁によって異なる
東京と大阪の評価の違い水路に面している土地は?
評価通達には道路の種類は書いていない
道路を正しく理解しておかないと評価が大幅に間違える
道路の重要性

2 実地調査への対応
預貯金、有価証券にも基づく修正申告をしないで済むようテクニックをお話ししました。
相続税調査の選定項目
臨宅調査のポイント
調査官が取る行動で、わかる調査の目的
財産種類別の相続税調査のポイント
名義預金
名義株式等
不動産評価誤り
そのほかの財産
事前通知後の税理士がとるべき行動、相続人がとるべき行動
重加算税になる場合とは?

3 事例紹介
先祖代々所有していた土地の売却代金を相続財産とされたケース
海外にある多額の上場株式等と預貯金の存在を知らず、相続財産に計上せずに申告しなかったケース
亡夫から引き継いだ預金をタンス預金や家族名義預金として相続税の申告から除外していたケース
高級老人ホームの入居保証金に課税されたケース
相続税に精通しない税理士が相続税申告書を作成したケース
被相続人が日常的にノートや通帳に記していたメモ書きを確認せずに申告したケース

※CPEは、本人様から3時間申請ください。

講師プロフィール

9/20「造成費制作者が教える!農家の相続
12/6「実地評価体験セミナー」忘年会開催

DVD「正しい土地評価・役所調査の方法と相続税調査の実態」

データ

評価は税理士の仕事!相続税申告から税務調査にも対応できる税理士のための現地調査の仕方 相続税調査がなぜ入ったのか?6事例解説
講 師 東北篤氏 (税理士・不動産鑑定士)
構 成 勉強会欠席者用DVD (収録 約3時間 オフレコ5分間は削除) 全資料120ページ
費 用 「法律・税金・経営を学ぶ会」会員 30,000円+税(送料・資料代込)
DVD会員 資料代15,000円+税
一般 40,000円+税(送料・資料代込)
相続オールマスター講座15期生 5,000円+税
会員は毎月27日に口座振替にて、一般の方には振込先をご連絡いたします。
TEL:03-6862-3054
2019年7月12日 の勉強会を収録したものです。

DVD・CD・書籍のお申込み

DVD 「評価は税理士の仕事!相続税申告から税務調査にも対応できる税理士のための現地調査の仕方 相続税調査がなぜ入ったのか?6事例解説」 東北篤氏

(必) 選択 申し込む
(必) お名前
会員種別 法律・税金・経営を学ぶ会「会員」  一般
事業所名(お持ちの方)
(必) メールアドレス
(必) メールアドレス(確認)
(必) 電話番号 - -
(必) 住所 - (半角数字)
その他
(必) は必須項目です。
 

DVD・CD・書籍 ラインナップ

DVD
「戦略的な定款変更と議事録作成時の注意点」

講師:岩白啓佑氏、嶌田樹人氏 (司法書士)
定款の作成と変更時の注意点、議事録作成は、会社経営において最も重要であることを学びました。必須の勉強会です。

DVD
「推奨されてきた定款対策のリスクと税務で重要となる時効・株券発行会社の盲点と対策」

講師:永吉啓一郎氏 (弁護士)
定款対策として推奨されてきた文章が、意外にも少数株主にのっとられる危険も。定款対策の盲点と少数株主対策に重要な時効について学びます。

DVD
「農家の相続・農地の評価・生産緑地問題・造成費・庭園設備の評価」

講師:東北篤氏 (税理士・不動産鑑定士)
写真や図を使って、わかりやすく解説いたしました。難しい造成費に対する考え方、農地特有の評価、農家特有の相続税対策の必要性を公開いたしました。資料は、幅広く解説されており、生産緑地問題にも対応できる内容になっております。

DVD
「税務調査が入りやすい譲渡所得・取得費が不明な資産の譲渡」

講師:武田秀和氏 (税理士)
取得費が不明な資産の譲渡、取得費とは何か?を解説いたしました。

DVD&書籍
「小規模宅地等特例改正 超ハイレベル編・配偶者居住権を活用した節税方法・遺留分侵害額請求権」

講師:高橋安志氏 (税理士)
小規模宅地等特例改正点と民法遺留分改正、さらに改正前と改正後の新旧対象比較表を用いて、難しい改正内容をわかりやすく解説しました。
超ハイレベル編です。
今まで、特例の選定をしていなかった申告は、税理士損害賠償となるかもしれません。

もっと見る

専門家のご紹介(50音順)

※掲載希望の方のみ