dvd

HOME > DVD・CD・書籍 > 推奨されてきた定款対策のリスクと税務で重要となる時効・株券発行会社の盲点と対策

前のページに戻る

DVD 「推奨されてきた定款対策のリスクと税務で重要となる時効・株券発行会社の盲点と対策」 永吉啓一郎氏

DSC06358.JPG

事業承継において、少数株主対策などを行う場合に、推奨されてきた定款に明記されてきた内容が、逆にリスクとなるケースもあります。

定款にはどのような内容が書かれているか、今一度ご確認ください。

株券発行会社の盲点と対策を時効を交えて解説しました。

DSC06338.JPG

事業承継対策が、思わぬ争いとならないためにも、ご確認ください。

勉強会参加者の声

「少数株主対策の具体的な具体的な方法および課題が理解できました。非常にわかりやすいレジュメと説明でした」

DSC06341.JPG

「一般的にとられている定款記載の落とし穴、それに対するリスク回避の方法、定款記載例まで、わかりやすい講義でした」

「株券発行会社の株式譲渡の事前と事後の対策について、時効の制度まで大変勉強になりました」
DSC06339.JPG内 容
少数株主相続の定款対策の盲点
特定遺贈による特定承継を活用
ただし譲渡承認が必要
少数株主の死亡後に定款に条項を追加
単独株主権と少数株主権
少数株主権の行使要件
DSC06337.JPG譲渡制限株式の譲渡手続き
株式譲渡承認請求書
少数株主の現状と対策の位置づけ
事業承継における対策
少数株主対策と盲点
定款対策の盲点と代替提案
少数株式の取得方法や議決権集約方法
名義株の対策
株券発行会社の盲点と対策
債権の消滅時効における税務上の相続財産と更正の請求
少数株主対策の実務で重要となる会社法と時効制度
実務上の散見される定款対策の盲点と代替案
株式または議決権集約(種類株)手法
株券発行会社や名義株の盲点と対策(時効制度との関係含む)
その他、事業承継に付随して税理士が抑えておくべき時効制度等 
(先代経営者と会社間の貸付金・借入金等)
時効中断の盲点

※DVDは申込後制作に入りますので、キャンセルはできません。

※CPEは本人様から2時間申請いただければ認定となります。

データ

推奨されてきた定款対策のリスクと税務で重要となる時効・株券発行会社の盲点と対策
講 師 永吉啓一郎氏 (弁護士)
構 成 勉強会欠席者用DVD (収録 2時間) 全資料83ページ+書籍
費 用 「法律・税金・経営を学ぶ会」会員 15,000円+税(送料・資料代込)
DVD会員 資料代8,000円+税
一般 25,000円+税(送料・資料代込)
会員は毎月27日に口座振替にて、一般の方には振込先をご連絡します。
TEL:03-6862-3054
2019年10月4日 の勉強会を収録したものです。

DVD・CD・書籍のお申込み

DVD 「推奨されてきた定款対策のリスクと税務で重要となる時効・株券発行会社の盲点と対策」 永吉啓一郎氏

(必) 選択 申し込む
(必) お名前
会員種別 法律・税金・経営を学ぶ会「会員」  一般
事業所名(お持ちの方)
(必) メールアドレス
(必) メールアドレス(確認)
(必) 電話番号 - -
(必) 住所 - (半角数字)
その他
(必) は必須項目です。
 

DVD・CD・書籍 ラインナップ

DVD
「戦略的な定款変更と議事録作成時の注意点」

講師:岩白啓佑氏、嶌田樹人氏 (司法書士)
定款の作成と変更時の注意点、議事録作成は、会社経営において最も重要であることを学びました。必須の勉強会です。

DVD
「推奨されてきた定款対策のリスクと税務で重要となる時効・株券発行会社の盲点と対策」

講師:永吉啓一郎氏 (弁護士)
定款対策として推奨されてきた文章が、意外にも少数株主にのっとられる危険も。定款対策の盲点と少数株主対策に重要な時効について学びます。

DVD
「農家の相続・農地の評価・生産緑地問題・造成費・庭園設備の評価」

講師:東北篤氏 (税理士・不動産鑑定士)
写真や図を使って、わかりやすく解説いたしました。難しい造成費に対する考え方、農地特有の評価、農家特有の相続税対策の必要性を公開いたしました。資料は、幅広く解説されており、生産緑地問題にも対応できる内容になっております。

DVD
「税務調査が入りやすい譲渡所得・取得費が不明な資産の譲渡」

講師:武田秀和氏 (税理士)
取得費が不明な資産の譲渡、取得費とは何か?を解説いたしました。

DVD&書籍
「小規模宅地等特例改正 超ハイレベル編・配偶者居住権を活用した節税方法・遺留分侵害額請求権」

講師:高橋安志氏 (税理士)
小規模宅地等特例改正点と民法遺留分改正、さらに改正前と改正後の新旧対象比較表を用いて、難しい改正内容をわかりやすく解説しました。
超ハイレベル編です。
今まで、特例の選定をしていなかった申告は、税理士損害賠償となるかもしれません。

もっと見る

専門家のご紹介(50音順)

※掲載希望の方のみ