勉強会-終了

HOME > 勉強会 > 定款対策の盲点・事業承継において重要となる少数株主対策と関連する時効制度

前のページに戻る

10/4(金) 「定款対策の盲点・事業承継において重要となる少数株主対策と関連する時効制度」 永吉啓一郎氏

[ 10月1日17時申込締め切り ]

jikou_cover0ari.jpg

定款対策として入れてきた事項が、思わぬ少数株主の乗っ取りにもなりかねません。

定款対策の盲点と、税務上で重要となる時効について学びます。

参加者には、書籍「民事・税務上の時効 解釈と実務」をプレゼントいたします(参加した方のみ)。

テキストは、レジュメ83ページを使用します。
スクリーンで解説しますので、前の方で受講ください。

内 容
少数株主相続の定款対策の盲点
特定遺贈による特定承継を活用
ただし譲渡承認が必要
少数株主の死亡後に定款に条項を追加
単独株主権と少数株主権
少数株主権の行使要件
譲渡制限株式の譲渡手続き
株式譲渡承認請求書
少数株主の現状と対策の位置づけ
事業承継における対策
少数株主対策と盲点
定款対策の盲点と代替提案
少数株式の取得方法や議決権集約方法
名義株の対策
株券発行会社の盲点と対策
債権の消滅時効における税務上の相続財産と更正の請求
少数株主対策の実務で重要となる会社法と時効制度
実務上の散見される定款対策の盲点と代替案
株式または議決権集約(種類株)手法
株券発行会社や名義株の盲点と対策(時効制度との関係含む)
その他、事業承継に付随して税理士が抑えておくべき時効制度等
(先代経営者と会社間の貸付金・借入金等)
東京税理士会には、本会から2時間申請します。そのほかの税理士会・CPEは本人様から申請いただければ認定となります。

開催データ

- 録音禁止とさせていただきます -
日 時 2019年 10月4日(金) 14時30分 ~ 16時30分
受付:14時~
講 師 永吉啓一郎氏 (弁護士)
場 所 新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTHビル6階 CROSSCOOPセミナールーム
定 員 42名(事前決済順)
参加費 「法律・税金・経営を学ぶ会」会員 5,000円+税(資料代)
プラチナ会員 3名無料
一般 10,000円+税(資料代込)

専門家のご紹介(50音順)

※掲載希望の方のみ