勉強会-終了

HOME > 勉強会 > 戦略的な定款変更と議事録作成時の注意点・名義株の問題解決

前のページに戻る

10/11(金) ダブルキャスト講演 「戦略的な定款変更と議事録作成時の注意点・名義株の問題解決」 嶌田樹人氏、岩白啓佑氏

[ 10月7日申込〆切 ]

定款は会社にとって、とても重要です。

戦略的な定款変更とはどのような定款か?議事録は誰が作成していますか?、名義株の問題解決方法をご確認ください。

ダブルキャストによる講演です。
資料は、57ページです。
スクリーンを使用しますので前の方で受講ください。

講 師:嶌田樹人氏(司法書士)、白岩啓佑氏(司法書士)
日 時:20191011日(金) 14時半から16時半
 

会 場:新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTH6階 クロスコープセミナールーム 

定 員:42 

内 容
一般社団法人の定款例
外から見た税理士事務所の課題
企業法務の基本書類の見方・考え方
登記事項証明書からの考察
定款規定の考察
定款規定の見直し
旧法時代の定款の見分け方
定款変更議事録作成のコツ
相続人等に対する受け渡し請求
株券に関する条項
取締役会の決議省略
監査役の監査範囲
株主名簿からの考察
株主総会議事録を作成するときのポイント
取締役会議事録を作成するときのポイント
不明株主のリスク
スクイズアウトの手法を使った提案
具体的なスキーム
急増する事業承継ニーズ
保険条項(ヒーロー株)
予防法務の観点から見る会社法務関係書面のコンサルティング
AI
時代の士業戦略
会社謄本や定款、そのほか書面を見る視点
定款や議事録文言の注意点、読み方、作り方

戦略的な定款変更

名義株問題の解決

意思表示凍結リスクヘッジ

株式会社における、定款の中で、規定がないと問題となる事項 
定款は、時々見直しをした方が良い 
問題が起こった時、定款はとても重要 
議事録作成における文章等の注意点 
株主総会等、公認会計士が議事録を作成する場合、よく問題となる事項 
捺印書類をだれが押すか? 

※講演内容は、多少の変更もございます。

※東京税理士会には、本会から2時間申請いたします。そのほかの税理士会・CPEは本人様から申請いただければ認定となります。

開催データ

- 録音禁止とさせていただきます -
日 時 2019年 10月11日(金) 14時30分 ~ 16時30分
受付:14時~
講 師 嶌田樹人氏 (司法書士)、岩白啓佑氏(司法書士)
場 所 新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTHビル6階 CROSSCOOPセミナールーム
定 員 42名(事前決済順)
参加費 「法律・税金・経営を学ぶ会」会員 8,000円+税(資料代)
プラチナ会員 3名無料
一般 20,000円+税(資料代込)

専門家のご紹介(50音順)

※掲載希望の方のみ