勉強会

HOME > 勉強会 > 相続税法通達改正を踏まえて判断に迷う土地評価/小規模宅地等特例はあらゆる改正にかかわっている

前のページに戻る

10/17(木) 特別講座 「相続税法通達改正を踏まえて判断に迷う土地評価/小規模宅地等特例はあらゆる改正にかかわっている」 深代勝美氏

[ 判断に迷う土地評価を解説 ]

DSC05708.JPG
相続税法通達改正を踏まえて最近の事例から判断に迷う土地評価を公開します。
改正から、あらゆる点に気をつけなければいけないことを確認します。
内 容
小規模宅地等特例は、配偶者居住権に基づく敷地利用権と配偶者居住権付敷地の価額の両方で可能
特別寄与料の計算方法(2019年7月以降の相続)
小規模宅地等特例の減額特例の改正への対応
事例研究
区分所有登記が行われている二世帯住宅
小規模宅地等特例改正の経過措置
区分登記された場合の解決方法
貸家建付地の評価と小規模宅地等減額特例における空室の取扱の違い
貸付用不動産は3年超所有が条件
特定事業用宅地等に係る小規模宅地等の特例
現行の事業用小規模宅地等特例の問題点

1.相続法改正と相続税

(1)配偶者居住権

配偶者居住権の評価方法

配偶者居住権に小規模宅地の特例適用は可能か?

配偶者が死亡した場合の配偶者居住権は非課税に?

(2)遺留分減殺請求権が遺留分侵害額に変わった場合の税務

(3)特別の寄与分と相続税

2.特定居住用宅地等と貸付事業用宅地等への改正

(1)小規模宅地等の減額特例の改正への対応

(2)期限後申告の小規模宅地等の特例の適用

(3)小規模宅地等の特例で相続人全員の同意を証する書類の提出

(4)相続人は被相続人と生計を一にしていた親族の小規模宅地等の特例の否認

3.賃貸用共同住宅の付属駐車場の貸家建付地評価 ~貸家建付地評価の考え方~

4.貸家の持分が土地の持分を下回る場合の貸家建付地の評価

※講演内容は、事例により、多少のご変更もございます。
※東京税理士会には本会から3時間申請します。公認会計士協会・その他の税理士会には本人様から申請いただければ認定となります。
講師プロフィール
会員限定DVD「小規模宅地・生産緑地・貸家建付地・判断に迷う土地評価」
DVD「資産課税の改正・個人版事業承継税制・小規模宅地等特例の改正」

開催データ

- 録音禁止とさせていただきます -
日 時 2019年 10月17日(木) 14時 ~ 17時
受付:13時30分~
講 師 深代勝美氏 (公認会計士)
場 所 新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTHビル6階 CROSSCOOPセミナールーム
定 員 42名(事前決済順)
参加費 「法律・税金・経営を学ぶ会」会員 10,000円+税(資料代込)
プラチナ会員 3名無料
一般 30,000円+税(資料代込)
消費税10%でご請求させていただきます。
申込期限 [申込期限] 10月11日(参加費振込まで)内容追加のため締切延長
・申込人数が定員に達しました場合は、キャンセル待ちでお受けします。
・地図と受講票は申込いただいた方に1週間前にメールでお送りします。
・申込後に欠席される場合は事務局までご連絡下さい。
・口座振替手続き後、振込後の欠席は、返金・振替が出来かねますので、法人会員・プラチナ会員様は、代行の参加をお勧めします。
[ TEL:03-6862-3054 ]

勉強会のお申込み

10/17(木)
特別講座 「相続税法通達改正を踏まえて判断に迷う土地評価/小規模宅地等特例はあらゆる改正にかかわっている」
深代勝美氏

(必) 選択 申し込む
(必) お名前
会員種別 法律・税金・経営を学ぶ会「会員」  一般
ご請求書宛名を記載下さい
(必) メールアドレス
(必) メールアドレス(確認)
電話番号 - -
住所 - (半角数字)
懇親会 懇親会に参加する
ご相談・ご連絡など
(必) は必須項目です。
 

専門家のご紹介(50音順)

※掲載希望の方のみ