勉強会-終了

HOME > 勉強会 > 最も重要な贈与税 一番勉強しなければいけない税金

前のページに戻る

11/20(水) 相続オールマスター講座16期生第2回 「最も重要な贈与税 一番勉強しなければいけない税金」 武田秀和氏

takeda6.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

「最も重要な贈与税 一番勉強しなければいけない税金」
贈与税は、相続税と密接に結びついており、最も重要で、一番勉強しなければいけない税金です。
498ページ、書籍とレジュメを使用します。

日 時:2019年11月20日 水曜日 14時から17時

講 師:武田秀和氏(元国税調査官・税理士)

内 容
近年の贈与税の改正や新しい特例の傾向
書面による贈与と書面によらない贈与の違い

民法における贈与契約とは? 
公正証書による贈与契約で、時効期間が経過した贈与税の課税
毎年の定額の現金贈与は、定期金の贈与とみなされるか?
贈与契約の取り消しがあった場合、贈与税は課税されないか?
任意の贈与契約の取り消しは、贈与税の課税を回避できないか?
父が掛けていた満期保険金が子に振り込まれた場合、贈与税の対象となるか?
生命保険の受取は、実質受取人で判定できるか?
債務を免除された場合、贈与税が課税されるか?
同族会社の増資にあたって、失権株をその親族が引き受けたら、贈与税が課税されるか?
相続時精算課税のデメリットは?
相続時精算課税制度を適用して申告したことを、ほかの兄弟に知られたくない場合
相続時精算課税を適用した以降、50万円の贈与があった場合、相続財産に加算するのか?

相続時精算課税適用の受贈者が死亡した場合、その権利を誰が引き継ぐのか?
居住の用に供していない部分がある場合の配偶者控除の適用
居住用宅地の底地を取得した場合、贈与税の配偶者控除を受けられるか?
贈与税の配偶者控除の適用を受ける場合の贈与財産の判断
借地権者がその借地権を転貸した場合、贈与税が課税されるか?
借地権を無償で返還した場合、贈与税が問題となるか?

定期贈与

負担付贈与

死因贈与

相続税法における贈与

みなし贈与

贈与税が非課税となる財産

直系尊属から受けた住宅取得資金

税務調査で指摘を受けないような贈与

親族からの借入金は贈与と認定されるか?

土地建物の名義を家族の名義に変更した場合、贈与となるか?

財産の名義変更があっても、贈与がなかったものとされる場合

父から6割程度で土地を買い取った場合、贈与税の問題が起きるか?

低額譲受

非上場会社に資金を提供したら、贈与税の問題が生じるか?

相続時精算課税の適用を受けた土地は、小規模宅地等の特例の適用ができるか?

土地を使用貸借で借り受けた場合、借地権の認定課税を受けるか?

※こちらの勉強会は、相続オールマスター講座16期生の第2回目となります。

※東京税理士会には、3時間申請いたします。その他の税理士会・CPEは、本人様から申請いただければ認定となります。

講師プロフィール
1/22「減額できる土地建物 近年の財産評価の改正と相続税法改正」
DVD「税務調査が入りやすい譲渡所得・取得費が不明な資産の譲渡」
木村金蔵先生お勧めDVD「ここが相続税調査で指摘される!相続税・贈与税判断に迷う実務上の注意点」
DVD&書籍「図解!借地権の大きな落とし穴」
DVD
元国税調査官が教える!判断に迷う海外財産と家屋の評価方法
※お時間の関係で全部お話できない場合もございます。

開催データ

- 録音禁止とさせていただきます -
日 時 2019年11月20日(水) 14時 ~ 17時
受付:13時30分~
講 師 武田秀和氏 (税理士・元国税調査官)
場 所 新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTHビル6階 CROSSCOOPセミナールーム
定 員 42名(事前決済順)
参加費 「法律・税金・経営を学ぶ会」会員 25,000円+税(資料代込)
プラチナ会員 3名無料
一般 40,000円+税(資料代込)

専門家のご紹介(50音順)

※掲載希望の方のみ