勉強会-終了

HOME > 勉強会 > 評価の達人の評価方法とは?実地評価 体験セミナー

前のページに戻る

12/6(金) 相続オールマスター講座16期生第4回 「評価の達人の評価方法とは?実地評価 体験セミナー」 東北篤氏

[ ただ書面添付しただけではダメ ]

ebbac3c9.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

<勉強会参加者の声>

「土地の評価について確認が出来てよかったです」

「実に様々ながあることに驚き、有効活用できると思いました」



「評価の達人の評価方法とは?実地評価 体験セミナー」
日 時:2019年12月6日 金曜日 14時から17時
講 師:東北 篤氏(不動産鑑定士・税理士・元国税調査官・固定資産税評価委員・地価公示鑑定評価員)
役所の資料を基にした、評価実務に密着した実地評価体験
参加者は、以下三点セットをご持参ください。
三角スケール
三角定規
まっすぐな定規

sannkakusuke-ru.JPGのサムネイル画像内 容
法務局にある資料
市町村にある資料
役所調査
評価する物件地における物件の調査
上記資料に基づくデスクワークの仕方
申告書に添付する評価明細書と補足資料の作成
図や写真を使って解説
地目別評価のまとめ
地形図から傾斜度を求める方法
誤りやすい事例
二方路線(正面及び裏面に路線価がある場合)
三方路線に接する場合
四方路線に面する場合
側方路線に宅地の一部が接している場合の評価
二方路線影響加算の方法
想定整形地の取り方
相続税と固定資産税の評価単位の相違 事例解説
研修物件の作図(実際に作図を行います)

評価の達人の評価方法とは?
 ・ 土地評価に必要な道具と使い方
 ・ 税務職員が納得する相続税評価の添付資料
 ・ 不動産は評価額が大きく、評価を誤れば税金に大きく影響する
 ・ 東京局の税務調査の申告誤りは他の国税局に比べて評価誤り割合が大きい
 ・ 評価を誤って申告すれば税理士損害賠償があり得ます
 ・ 現地で見るべきポイント

※東京税理士会に3時間申請します。そのほかの税理士会・CPEは本人様から申請いただければ認定となります。 
講師プロフィール
4/17「相続オールマスター講座17期生」
DVD「農家の相続・農地の評価・生産緑地問題・造成費・庭園設備の評価」
DVD「評価は税理士の仕事!相続税申告から税務調査にも対応できる税理士のための現地調査の仕方」

開催データ

- 録音禁止とさせていただきます -
日 時 2019年 12月6日(金) 14時 ~ 17時
受付:13時30分~
講 師 東北篤氏 (不動産鑑定士・税理士・元国税調査官・造成費制作者・固定資産税評価委員・地価公示鑑定評価員)
場 所 新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTHビル6階 CROSSCOOPセミナールーム
定 員 42名(事前決済順)
参加費 「法律・税金・経営を学ぶ会」会員 25,000円+税(資料代込)
プラチナ会員 3名無料
一般 40,000円+税(資料代込)
懇親会 12月6日(金)17時半~19時半
京料理 福ろく寿 京懐石と飲み放題 講師の東北篤先生参加予定 
定員20名(勉強会受講者優先)
参加費 受講者10,000円+税 
忘年会から参加「法律税金経営を学ぶ会」会員限定15,000円+税
申込後の欠席連絡は返金不可

専門家のご紹介(50音順)

※掲載希望の方のみ